週末のホームパーティでゲストをもてなす“男仕様”のオープンキッチン

738view2016.07.28

ダイニングキッチン

「ホームパーティで、料理をおいしいと喜んでもらえるのが幸せ」という、料理好き、もてなし好きの平井さん。以前住んでいた賃貸マンションの更新を機に中古マンションを購入し、全面リフォームしました。

「キッチンってフェミニンな雰囲気になりがちですが、わが家は僕が料理をするので男っぽくしたかったんです。〝奥さま”っぽい要素を極力なくして(笑)、素材感のある武骨な雰囲気が希望でした」。特にこだわったのは、ワークトップを兼ねたステンレス製の一体型フレーム。「ソリッドな質感がかっこいいなと思って。掃除がしやすいし、傷がつくのもいい(笑)。ていねいに磨いて使う、手入れの行き届いたキッチンをめざしています」

そんな孝昌さんに輪香子さんは、「私の希望のイメージは“経年変化を楽しめるラボっぽい感じ”だったので、男っぽいキッチンにも賛成でした。基本的におまかせでしたが、木とステンレス、床のタイルと、さまざまなテクスチャーのバランスが心地いい空間に仕上がって、気に入っています」。

月に数回は開催される週末のホームパーティでは、ゲストが4人までならコース料理、それ以上の場合は大皿料理を振る舞う孝昌さん。「料理の腕を思う存分発揮できる環境が整って、すごく満足しています。10年後さらに、味わい深いキッチンになっているといいですね」

 

Kithen Space

ガスコンロ

以前のキッチンはクローズドタイプ。壁向きで閉鎖的なスペースでした。

ステンレストップのガスコンロは「ハーマン」の「プラス・ドゥ」。家庭用の中では火力が高く、最初からこれと決めていたそう。

 

キッチン

左写真:「角にカーブがあるのは好みじゃない」ので、シンクはワークトップと一体のスクエア形に。水栓は「グローエ」。

中央写真:キッチン本体の内側。料理の腕がプロ並みだけあって、フライパンや鍋などの数はかなり多めですが、すっきりおさまっています。

右写真:キッチンとダイニングの窓側の床に、L字形に石調タイルを貼りました。「窓辺が縁側っぽくなって、グリーンを置いてもいい感じです。パーティで酔ってグラスを落とすとアウトですが(笑)」と輪香子さん。

 

設備機器MEMO

レンジフード ・・・「アリエッタ」 CenterBarchetta CBARF-951S

ガスコンロ・・・ 「ハーマン」 C3WF2KJTKST(+do)

水栓金具・・・ 「グローエ」 32894 00J K7

食洗機 ・・・「パナソニック」 NP-45MS5W

 

キッチン

背面側のカウンターは、すっきり目隠しできる扉つき。「ゲストを迎えるときは第一印象が大切。ここを閉めておいて生活感を抑えます」

 

キッチン収納

バッグの収納用にとりつけたアイアンフックが、キッチンに表情を添えて。照明は「デザインハウス ストックホルム」のもの。

 

キッチン収納

左写真:冷蔵庫横の収納は「イケア」の本棚が入るように造作。「キッチン以外の収納が少なめなので、ここを本の収納場所にしました」

右写真:乾物などの食材を入れた白いコンテナは、「イケア」や「ジョゼフジョゼフ」のもの。料理本、アウトドアグッズ、掃除道具もここへ。

 

キッチン収納

左写真:食品庫にしている窓側の収納には、自家製リキュールや調味料などがぎっしり。ファイルボックスで美しく&わかりやすく整理。

右写真:背面側のカウンター下は引き出し収納。「食器やカトラリー類がたっぷり収納できるので、ゲストをたくさん招いても困りません」

 

Other Space

LD

リビング

壁を撤去してワンルームにした、明るく開放的なLD。愛用のテーブルは、もとのウレタン塗装をはがしてオイルで化粧直しした、孝昌さんの力作です。

ソファは「TRUCK」のものを組み合わせて。来客時などは引き戸で奥の寝室を閉めきります。欄間風のガラス部分が開放感をキープ。

 

Bedroom & Entrance

寝室と玄関

寝室:白壁が明るい印象の寝室。リフォーム前は独立した個室でしたが、個室にも、LDKと一体にもなるフレキシブルな部屋に。

玄関:骨董市で見つけた和の器、アイアン作家にオーダーしたフックと、随所にこだわりのアイテムが。「二人とも雑貨好きなのですが、飾りすぎにならないよう厳選しています」と輪香子さん。

 

Sanitary & Toilet

洗面台とトイレ

洗面台:コストとデザインの両立にこだわった洗面スペース。「サンワカンパニー」の洗面ボウルと「グローエ」の水栓を組み合わせてシンプルに。

トイレ:シンプルなトイレは「ヒマラヤランプ」で光のきらめきをプラス。古材の棚は下北沢の「ENSHU」でオーダー。

 

 

リフォームのポイント

わが家のキッチン、 ここにこだわりました!

  • 【全体のイメージ】ステンレスの ソリッドな質感を生かした クールで男っぽい空間
  • 【レイアウト】会話を楽しみながら 料理できるアイランド型
  • 【素材&設備機器】ワークトップを継ぎ目のない 一体型のステンレス製に
  • 【収納スペース】背面カウンター&収納を 目隠しできる扉ですっきりと

 

設計のポイント

ホームパーティを頻繁にされるということで、キッチン中心のプランニングに。既存の壁をほぼとり払い、開放的なLDKに。継ぎ目のないステンレスの一体型フレームは孝昌さんのこだわりで、搬入は窓から行いました。ステンレスの“かたまり感”がクールな印象です。また、キッチン前面に床材を貼り上げ、インテリアになじませる工夫も施しています。床タイルはL字形に配置してアクセントにし、よりスタイリッシュな空間に仕上げました。

photo10ekrea(エクレア) 大川由記さん

オーダーキッチンに定評のある「ekrea」で、キッチン設計を担当して7年目。実物のキッチンで使い勝手などを確かめながら検討できるショールームも好評。

DATA

間取り図

 

家族構成 カップル
住居形態 マンション
築年数 15年
建物規模 8階建ての7階
専有面積 約56㎡(約17坪)
リフォーム面積 約52㎡(約16坪)
リフォーム期間 2012年7月〜9月
リフォーム費用 約850万円(設計料を除く)
うちキッチン約170万円(施主支給分を除く)
キッチン設計 ekrea
リフォーム設計 沖野充和建築設計事務所

関連記事

Go To Top