【ユーティリティ/ランドリースペース編】人気のスペース・コーナーづくりのポイント! 建築家がプランのコツを伝授!

3,333view2016.12.06

ユーティリティ・ランドリー編 人気のスペースづくり

 

家事の省力化に役立てたい "ユーティリティ、ランドリースペース" 

自分の家事の習慣をよく見極めてつくるのが基本
毎日の家事を負担なく、手早く、楽しくできると人気のユーティリティ。使いやすくプランするためには、
まず、自分の家事の習慣を見直すことからスタートしましょう。

普段どの作業とどの作業を同時進行しているかを思い出し、それに基づいて配置する場所を決めます。たとえば、いつも台所仕事と洗濯を同時進行しているなら、キッチンのそばに洗濯機を備えたユーティリティを。その中でアイロンがけや家計簿つけなどをするなら、窓やカウンターを設けたり、暑さ・寒さ対策を施したりと、長く過ごせる環境づくりも大切です。

また、洗濯物の移動ルートをもとにプランを組み立てる方法も。ユーティリティ〜物干し場〜クローゼットを同じフロアでなるべく近づけて配置すると、毎日の洗濯の負担が軽くなります。(明野さん)

 

プランのPOINT

  • キッチンに近づけると台所仕事との同時進行がラク
  • 長く作業するなら、快適に過ごせる環境をととのえる
  • 洗濯物の移動が最短になるようにプランする手も

 

 

水回りを一列につなげて 家事のスペースを集約

間取りⅠさん宅(東京都) 設計/明野設計室】

キッチン、洗濯機を置いたユーティリティ、洗面室、浴室を一列にレイアウト。水回りの家事がすべてこのエリアだけですむようにしました。2カ所から出入りできる回遊動線をとり入れたため、作業がさらにスムーズに。 

 

洗面室洗面室をゲストに使ってもらうときは、引き戸を閉めて洗濯機を目隠し。

 

洗面室洗面室をゲストに使ってもらうときは、引き戸を閉めて洗濯機を目隠し。洗濯機のほか、アイロンがけのできるカウンターも設置。奥にはキッチンが。出入り口はすべて引き戸なので、普段はあけたまま行き来できます。

 

洗濯にかかわる家事がすべてワンフロアですむプラン

間取り【Oさん宅(神奈川県) 設計/プランボックス】

「家事をする場所を快適に」と、2階の南側にランドリールームをプラン。洗濯物の出る洗面室も、物干し用のバルコニーも、衣類をしまうクローゼットもすべて2階にあるため、洗濯物がフロアをまたぐことがありません。

 

洗面室【写真左】手洗い用シンクや室内干しポールなども設置。バルコニーからの光と風を感じながら家事ができます。
【写真右】
洗濯機を置かなくてすむため、洗面室はゆったり。洗面カウンターのデザインや素材感も◎。

 

他の「人気のスペース・コーナーづくりのポイント」もチェック!

 

ADVICE

明野 岳司 明野 美佐子

明野設計室 一級建築士事務所

明野 岳司さん
明野 美佐子さん

ともに東京都生まれ、芝浦工業大学修士課程修了。岳司さんは㈱磯崎新アトリエ、美佐子さんは小堀住研㈱(現エス・バイ・エル㈱)、中央研究所などを経て、2000年に明野設計室を設立。

 

小山 和子

プランボックス 一級建築士事務所

小山 和子さん

1955年広島県生まれ。女子美術大学芸術学部卒業。87年に小山一級建築士事務所、95年に一級建築士・湧井辰夫さんと共同で現事務所を設立。

関連記事

Go To Top