珪藻土塗りや床の塗装をDIY!コストを抑えながら愛着たっぷりの住まいに

2,770view2015.12.07

珪藻土塗りや床の塗装をDIYした住まい

とあるショールームで無垢材の床を体感し「おしゃれで気持ちいいな」と憧れていたTさん。中古マンションを購入し、不動産会社から紹介されたリフォーム会社に相談したものの「マンションだと施工がむずかしいとか、すき間があくなど、無垢材のデメリットばかりを挙げて却下されたんです」。そこで自分たちで雑誌やネットで探し、見つけたのが、自然素材リフォームが得意な会社「エーデザイン」でした。

無垢材の床だけで予算的に精一杯だろうと思っていたのに対し、すすめられたのが珪藻土の壁。しかも「DIYで塗ってみては?」との提案に、「おもしろそう!」と飛びついたのはご主人でした。床や建具の塗装も自分たちで行うことにし、3週間を費やして家族でチャレンジ。

ところが、始めてみると、思った以上に大変で、「途中で投げ出しそうになりました(笑)」とご主人。「広い面はまだいいのですが、こまかいすき間や角が面倒なんです」。それでも仕上がりには大満足で、コテむらを見ると愛着もひとしお。「じつは子どもたちが塗った部分はあとで上から塗り直したのですが(笑)、そのままにしておけばよかったなあと、ちょっと後悔しています」

室内建具もパイン材で造作。自然素材に囲まれた部屋は肌ざわりや空気が心地いいだけでなく、「雑貨が似合うのもうれしい」と奥さま。プランナーに教わったショップを訪れるなど、暮らしにインテリアの楽しみが加わりました。

自然素材のこだわりリノベーション

Living

リビングルーム

床は、無垢のパイン材に自然塗料「リボス」を一度塗ってから拭きとり、数日後に再度塗るという方法で、雑誌で見て憧れていたイメージに。壁は珪藻土をコテで塗って風合いを出しました。

"ままごとキッチン"はママの手作り!すのこなどを上手に活用し、子ども部屋の引き戸に使った「バターミルクペイント」の残りを塗って仕上げました。(右)

Kid's Room

子供部屋

24年前の建築当時のままの、合板フローリングにビニールクロスという味けない内装。濃い色の床や建具も暗い印象です。

「子どもたちに目が届くように」と、LDの一角を引き戸で仕切って子ども部屋に。「気配が感じられるので、子どもたちだけでも安心して寝るようになりました」

Work Corner

ワークコーナー

壁面収納の横のスペースにデスクと棚を造りつけ、パソコン作業などのコーナーに。アメリカの古い絵本がインテリアのアクセントになっています。

DK

ダイニング

もとは、和室が隣接している暗くて細長いLDでした。独立型だったキッチンは、位置を変えずに印象を大幅にチェンジ。

キッチンをセミオープンの対面式に。「LDで遊ぶ子どもたちを見渡せるようになりました」。テーブルは、プランナーに教えてもらった「スクエア」で購入。

キッチン

機能性やメンテナンス性を重視して、シンプルなシステムキッチンを採用。床も掃除のしやすさを考えて、テラコッタタイル風のフロアシートを張りました。

Toilet

トイレ

トイレの床も、お手入れしやすいテラコッタタイル風のフロアシート。木製シェルフやガラスシェードのランプでおしゃれに演出。

Entrance & Corridor

玄関

玄関にはたっぷり収納できる天井までの靴箱を造りつけました。扉はフローリング材を使ってつくり、白くペイント。「ちょっとすき間ができているけど、それも味のうちです(笑)」(左)

廊下の床はLDと同じパイン材。壁はクロスにしてコストを抑えました。パイン材の室内ドアは部屋ごとにデザインを変えて。(右)

リフォームのポイント

Tさんが採用したナチュラル素材

珪藻土の壁

■珪藻土(LDの壁)

ナチュラルな風合いが人気の塗り壁。Tさんは、リフォーム会社のすすめでDIYに挑戦。調湿性や消臭性にすぐれているのも魅力で、「雨の日でもあまりじめじめしないのは、珪藻土のおかげかなと思っています」

■無垢のパイン材(家じゅうのドア)

無垢材を使ったドアは、リフォーム会社「エーデザイン」のオリジナル。いくつかのデザインから選び、好みの色に塗装します(T家ではDIYで)。「ガラスやノブも好きなものを選んで、わが家だけのドアができました!」

無垢のパイン材

■無垢のパイン材(LD・廊下の床)

普通のフローリング材を下に捨て張りする手法で、音の問題をクリアし、マンションでも無垢材の床を実現。「寝室の合板フローリングと比べると差は歴然。無垢材は肌ざわりがよく、ベタベタしません」

■バターミルクペイント(子ども部屋の引き戸)

やさしい成分だから、子どもがペイントを手伝っても安心。「長女が好きな色を選び、家族で塗りました。ローラーで簡単に塗れます。照明の光でやわらかな色になるところもお気に入り」

設計のポイント

自然素材は調湿作用があるので、特にコンクリートで囲まれたマンションによく、結露も抑えられます。珪藻土塗りや床の塗装のDIYは、愛着がわき、コストダウンにもつながるのでおすすめ。当社でリフォームするお客さまのほとんどが挑戦されます。材料を準備し、道具を貸し出し、私たちが半日一緒に作業して教えますので、はじめてのかたでも失敗なくとり組んでいただいています。(エーデザイン 川西功治さん)

DATA

間取り図

家族構成 夫婦+子ども2人
住居形態 マンション
築年数 24年
専有面積 99.17㎡(29.99坪)
リフォーム面積 55.00㎡(16.63坪)
リフォーム期間 2012年2月〜3月
リフォーム費用 約330万円
リフォーム設計・施工 エーデザイン

関連記事

Go To Top