シンプルな間取りで理想の内装デザインとコストダウンを両立

5,051view2016.04.06

シンプルな間取りでコストダウン

【Kさん宅(福井県)】

メイプル材の床にしっくい壁と、ナチュラルな素材使いが魅力のKさん宅。家づくりのパートナーに選んだのは、
「婚礼家具を揃えて以来のつきあい」という「シャルドネ福井」。「系列のアンティークショップ『ハンドル』も大のお気に入り」と奥さま。ハウスメーカーも見て回りましたが、自然素材を使い、予算内で希望のプランに柔軟に対応してくれる注文住宅に惹かれ、依頼に至ったそう。

家づくりでKさんが強く希望したのは、動線のよさ。家事動線だけでなく、子どもの動きも把握できて、家族全員が快適に暮らせるように工夫しました。「玄関を入ってすぐの洗面コーナーは、子どもたちが外から帰って手を洗うのにも便利で、設置して大正解」

ウォールナット材を使ったキッチンなど、懐かしさを感じさせる内装やインテリアにもこだわりがふんだんに。壁を1面だけペイントしたり、和室の引き戸に輸入ファブリックを張るなど遊び心のあるデザインは、シャルドネ福井の水野友紀子さんからの提案も。内装材にこだわった分、間仕切りを減らし、2階もコンパクトにしてコストダウンをはかりました。「メリハリのある予算配分で、住み心地もデザインも納得のいく家になりました」

 

Kさん宅の工夫

  • 予算内におさめる工夫
    全体的に間仕切りを少なくして、コストをカット。生活の中心となる1階にこだわりを集中させる分、2階は面積を減らし、シンプルな間取りにしました。
  • 好みのインテリアにする工夫
    リビングや和室の壁にアクセントで色や柄を使って、オリジナリティを演出。家具も「シャルドネ」でオーダーし、統一感のあるインテリアをめざしました。
  • 暮らしやすさの工夫
    オープンな間取りにして、キッチンで作業をしながら子どもの様子がうかがえるように。玄関付近に洗面コーナーがあるので、帰宅後すぐに手を洗えるのもポイント。

 

 

1F LDK

リビングダイニングキッチン大きな間仕切りのない、オープンなつくり。空間のアクセントとしてつけた梁には、天井を高く感じさせる効果も。「照明のダクトレールも目立たなくなりました」

 

リビングダイニングキッチン【写真右】袖壁でLDKの一画を仕切り、デスクを置いたPCコーナー。正面の壁をペイントし、LDKの中にありながら独立した空間のような雰囲気に。

【Point】ウォールペイントを効果的に使った落ち着きのあるコーナー

【写真右】壁は味わいのある家具や雑貨が映える深いグリーンに。塗料は「ハンドル」オリジナルを使用。広いLDK空間のアクセントにも。

【Point】和室もリビングの一部と考え、 色使いに共通性をもたせて

【写真左】ふすまの裏に輸入壁紙を張ってモダンに。PCコーナーの壁に合わせて、壁紙はグリーン、畳の縁はダークなブルーをセレクト。

 

 

リビングダイニングキッチン「かっこよくしたい!」というKさんの希望で、キッチンの面材と家具はウォールナット材で統一。
PCコーナーの横に幅1mほどの袖壁をつくって、DKとリビングをゆるやかにゾーニングしています。

【Point】パイン材をウォールナット色にペイントしてコストダウン

梁もキッチンと同じウォールナット材にしたかったのですが、それではコストオーバーになってしまうので、
色だけ揃えました」

 

 

階段

階段リビングの中に階段を設置。いつも子どもの気配を感じながら家事ができるようにするための工夫です。
アイアンの手すりが、空間の引き締め役に。

 

1F キッチン

キッチン【写真左】キッチンカウンターは、お手入れのしやすさから人造大理石をセレクト。「ウォールナット材に合わせて黒を選びました」というレンジフードは「ヤマゼン」のもの。
【写真右】キッチンカウンターの背面にはタイル張りの作業台を設置。10㎝角の大きめタイルを選んで、甘すぎない雰囲気にしています。

【Point】限られた部分にだけタイルを張って甘さとコストをセーブ

コンロまわりの壁にはブルーグレーのタイルを部分使い。「空間が引き締まって、汚れも目立ちにくく、いいことずくめです」

 

 

キッチンキッチンカウンターの奥行きに合わせてテーブルをオーダー。「横に並んでいると配膳&片づけがしやすいんです」 

 

キッチンキッチンカウンターを中心に扉をシンメトリーに配置。どちらからでも洗面室やユーティリティにアクセスできるようにしました。「回遊性があって家事がラクです」

 

2F ホール

ホール段差をつけた手すりの一部をくりぬいて雑貨の置けるスペースを設けたり、スケルトンタイプのアイアンの手すりを
採用し、階段スペースをおしゃれで開放感のある空間に。

 

2F 子ども部屋

子供部屋将来2つの部屋に分けられるよう、窓や扉、スイッチは2つずつ設置。壁は「リラックス効果がある」という水野さんの提案で、淡いピンクにペイントしました。

【Point】リフォームで追加できる間仕切りは省いてコストダウン

今はひと続きの、広々とした子ども部屋。必要になったときに仕切ればいいと考え、壁をつくる費用をカット。

 

 

1F 洗面コーナー

洗面コーナー玄関からLDKへのドアをあけた場所に設けた、ウォールナット材を使った洗面コーナー。玄関、トイレ、リビングからアクセスしやすく、「お客さまからも『気兼ねなく使える』と好評です」

【Point】個室ではなくオープンにすることで利便性をアップ

「壁をつくらないことでコストダウンにもつながりました」。洗面ボウルはアメリカのメーカー「カリフォルニア」
のもの。

 

1F トイレ

トイレ腰壁は、清潔感のある白木のツガ材。飾り棚を設けて、無機質になりがちなトイレに彩りを添えています。
「1階のトイレはお客さまも使うので、デザインにこだわりました」

 

1F 洗面室

洗面室洗面台は、LDKとは雰囲気の異なるカバザクラ材を使用。モザイクタイルの天板でかわいらしくコーディネート。
洗面ボウルは「カリフォルニア」、水栓金具は「コーラー」のもの。

 

1F 玄関

玄関【写真左】色&素材使いがおしゃれ。リビングに続くドアにはチェッカーガラスをはめて、採光しながらも視線をカット。照明は、天井面がフラットに見えるダウンライトにして、玄関が広く感じられるようにしました。
【写真右】靴や衣類、外用の掃除道具などが置ける大容量の玄関収納。たたきからもホールからも出入りできるウォークスルータイプにしました。たたきはテラコッタのタイル張りに。

【Point】アーチ形の下がり壁にして扉代をカット

ホール側はあえてオープンにして、スムーズな動線を確保。1面をピンクに塗って、暗くなりがちな玄関を明るく演出しています。

 

 

外観

玄関外壁には、珪藻土のような質感で耐久性にすぐれた塗り壁材「ディバネート」を塗って。防犯面を考えて、道路側は
採光用の小窓のみに。

 

わが家のお気に入り♪

水回りを1カ所に集めてスムーズな動線を確保

水回り動線キッチン横にユーティリティと洗面室を設置。水回りをまとめると配管が短くなるため、コストダウンにも
つながります。

木製サッシの窓にアンティーク家具がベストマッチ

アンティーク家具「建具にこだわると、インテリアのグレードがぐっと高まると思います」とご主人。チェストは「ハンドル」で
購入したお気に入り。

 

DATA. Kさん宅(福井県)

間取り図

 

Profile.
Kさん一家
Kさん 一家

ハンドボールの選手として活躍していたご主人と、料理好きの奥さま、小学4年生、2年生の息子さんの4人家族。「夫婦揃ってインテリア好きなので、素敵な家具や雑貨を探しに関西に出かけるのが楽しみです」

設計のPOINT

予算を抑えるためには、どうしても建坪を減らすしかなかったので、まずは予算内で何坪の家が建てられるかを計算しました。そして、1階の内装デザインなど譲れないポイントをピックアップ。予算オーバーした分は、1階の間仕切りを減らしたり、2階の面積を削ることで調整しました。また、明るい住まいにしたかったので、すべての居室が南を向くように設計。水回りを北側にまとめて、配管工事費を最小限に抑えました。

シャルドネ福井
水野 友紀子

水野 友紀子さん

 

1971年福井県生まれ。老舗家具店の三代目であるご主人とともに「シャルドネ福井」を経営。2007年にアンティークショップ「ハンドル」をオープン。インテリア性の高い住まいづくりが人気。

家族構成 夫婦+子ども2人
敷地面積 384.90㎡(116.43坪)
建築面積 77.11㎡(23.33坪)
延べ床面積 122.13㎡(36.94坪)
1F 72.82㎡ + 2F 49.31㎡
構造・工法 木造2階建て(軸組み工法)
工期 2009年8月〜12月
本体工事費 2035万円
3.3㎡単価 約55万円
プロデュース シャルドネ福井
TEL: 0776-57-8600
コーディネート ハンドル (水野 友紀子)
TEL: 0776-21-4700

関連記事

Go To Top