ローコストなハウスメーカーの選び方と注意ポイントを徹底解剖!

706view2017.03.08

緑の芝生の上にたくさんの家が置いてあるビジネスシーン

家づくりで最初に突き当たるテーマといえば、やっぱり依頼先選び。なかでも「低予算で納得のいく家を建ててくれるのはどこ? 」「たくさんあるメーカーの中から、どこを選べばいいの? 」といったお悩みがよく聞かれます。ここではローコスト住宅を手がけるハウスメーカーの特徴や、自分に合った依頼先の選び方について、ホームインスペクターとして数多くの土地・建物を診断してきた市村崇さんに教えていただきましょう。

アドバイス

(社) 住まいと土地の総合相談センター  代表理事  市村崇さん

一級建築士、一級建築施工管理技士、一級造園施工管理技士、宅地建物取引士。1998年日本大学理工学部海洋建築工学科卒業後、大手ハウスメーカー勤務を経て、2007年に設計事務所・工務店を設立。2013年に「住まいと土地の総合相談センター」副代表に就任。現在は代表理事として、建築トラブルを抱える多数のクライアントの相談に応じている。

メーカー住宅はどこからがローコスト?

ハウスメーカーに限らず、家の値段をひとつの指標ではかるのは難しいものですが、目安となるのは坪単価です。坪単価とは、延べ床面積1(3.3) 当たりの建築費のことをいいます。

一般的な大手ハウスメーカーの手がける家は、坪単価100 万円が目安。30坪の家を建てるときの建築費は、約3000万円になります。それに続く準大手メーカーの坪単価は、約80万円。30坪の家なら2400万円ですね。小規模な工務店やハウスビルダーでは、坪単価60万円程度で建てられるところが多く、30坪の家なら1800万円くらいが目安になります。

坪単価60万円なら十分ローコストと見なすこともできますが、最近「ローコスト住宅」を積極的に打ち出しているメーカーの家は、これよりさらに低価格。坪単価50万円、45万円と設定されているところもあります。これなら30坪の家を1500万円以下で建てられることに!

ちなみにここでいうハウスメーカーとは、住宅展示場にモデルハウスがあり、自社で請負契約を結ぶ会社に限っています。フランチャイズ形式をとっている会社( アイフルホームなど )や、いわゆる「パワービルダー」と呼ばれる、建て売り住宅をおもに扱う不動産会社( 飯田グループなど )は含んでいません。

坪単価別のおもな依頼先

坪単価100 万円~ 大手ハウスメーカー  例:三井ホーム、へーベルハウスなど
坪単価80万円~ 準大手ハウスメーカー  例: 住友不動産、一条工務店など
坪単価60万円~ 地域密着型の工務店・ハウスビルダー
坪単価45万円~  ローコスト系ハウスメーカー  例: タマホーム、アキュラホームなど

 

ローコストなハウスメーカーの特徴と、安さの理由

ローコスト住宅を手がけるメーカーの大きな特徴は、「坪単価○○円」「○○円で家が建つ! 」というように、広告などで具体的な金額を示していること。つまり、いちばんの売りが「安さ」ということです。こうしたスタンスはローコスト住宅メーカーだけのもの。大手・準大手のハウスメーカーでは、低価格帯の商品であっても、まっさきに金額をアピールすることはまずありません。

安さの理由は、おもに「薄利多売」。大手・準大手メーカーより数多くの軒数を手がけることで、1 軒あたりの利益率を抑えつつ利益を出すという仕組みです。もうひとつは「大量発注」。プランのバリエーションを絞り、同じメーカーや型番の建材・設備を大量に発注することで仕入れ値を抑え、それを建物の価格に反映させているのです。

ローコストメーカーの価格設定には要注意ポイントも

具体的な金額が載っている広告は、“ 明朗会計" のような印象もあって魅力的に映るもの。ただし実際には、それだけで家が建つことはないと考えたほうが賢明です。というのは、その金額があくまで「メーカーの提案する規格( 企画 )プランで建てた場合」の「本体工事費」のみだから。水道・ガス・電気工事などの付帯工事や外構工事は含まれませんし、プランや仕様の変更はオプション扱いになり、別途費用がかかります。

敷地には斜線制限などの決まりごと(建築基準法)があり、建物はその範囲内で建てなければなりません。特に都市部の住宅地では制限が厳しいため、メーカーの提案する規格( 企画 )プランをそのまま建てるのは難しいケースがほとんど。たとえば道路斜線制限に沿って屋根の勾配( 傾斜の角度 )を変更すると、屋根の面積が変わってしまうため、プラン変更とみなされてオプション費用が発生します。間取り図だけを見て「このプランが気に入ったから変更なしでOK! 」と思っても、敷地の条件によってはプラン変更が避けられないこともあるのです。

また、ローコストメーカーでは同じ建材や設備を大量発注することでコストを抑えているため、大手・準大手メーカーに比べて仕様のバリエーションは少なめ。その中に好みのものが含まれていなかった場合、変更やグレードアップを希望すると、一気にコストアップする可能性もあります

そう考えると、広告に載っている工事金額が、自分たちの総予算ぎりぎりではアウト。どのメーカーに依頼する場合でも、ある程度のコストアップを見込んでおき、余裕をもった予算計画を立てることが大切です。

ローコスト住宅メーカーの注意点

  • 広告掲載の金額には、付帯工事や外構工事が含まれないことが多い。
  • 敷地条件などに合わせて規格( 企画 )プランから変更すると、オプション費用がかかる。
  • 内装・設備のバリエーションが限られていて、変更やグレードアップをするとオプション費用がかかる。

ローコストメーカー選びの決め手はここだ!

依頼先の候補がある程度絞られてきたとき、重要なポイントになるのはズバリ“ 営業マンのよしあし" 。どの営業マンに当たるかによって、提案されるプランをはじめ、見積もりの内容や金額に大きく差が出ることがあるからです。

メーカー側としては、自社の同じ商品にバラつきを出すわけにはいきません。そのため、同じメーカーの中で複数の営業マンを比較したり、途中で担当の営業マンを替えたりすることはできないことになっています。つまり、住宅展示場のモデルハウスで最初に「来客カード」を記入して渡した相手が、最後まで自分たちのパートナーになるということ。できれば曜日を変えていくつかの住宅展示場を訪れ、できるだけ慎重に、信頼できる人物かどうか見きわめてください。「この人なら! 」と思える営業マンに出会ったとき、はじめて来客カードを記入するのが得策です。

ちなみに、予算について不安に思っていることや、プランの疑問などを質問したとき、理由もなく「大丈夫ですよ! 」と答える営業マンには要注意。自分たちが納得できるまで説明してくれるかどうかが、信頼度をはかるひとつの基準になります。

まとめ

魅力いっぱいのローコスト住宅ですが、思いがけない費用がかかり、結局はローコストにならないケースも。なぜ安いのか、本当にその金額で建てられるのかを、自分の目で選んだパートナーにきちんと追求して、納得できたら次のステップに進む―――そのくらい慎重な姿勢が、ローコストな家づくり成功の秘訣です。

この記事のライター:後藤由里子
主婦の友社刊「はじめての家づくり」をはじめ、数々の住宅・生活関連記事を手がけるライター。キャリアは20年、これまでの実例や建築家、ハウスビルダーへの取材件数は300以上に及ぶ。

関連記事

Go To Top